健康が気になるようになったら大腸の内視鏡検査もやりましょう

自分はまだ若いから、検査は怖いから、便の検査を職場でやってるからなどの理由で大腸の内視鏡検査は、必要無し、やりたくないって方が少なくないです。でも、最近の日本の食生活の欧米化などで大腸ガンが日本でも増えています。皆さんがよくご存じの検便、便の検査は、痔などの疾患でも陽性になりますから、大腸の検査としては、必ずしも充分なものとは言えません。大腸の内視鏡検査は、がんの発見のみならず、腸の健康状態を精密なカメラを使って診ることができます。

ポリープの有無や腸の様子などがわかる検査です。皆さんにぜひ、受けていただきたい検査なのです。でも、大腸の内視鏡検査は、腸をきれいにしてから受けることができる検査なので、大変だから嫌だとか、お尻からカメラを入れるから痛くて、怖いからやりたくないと思われる方も多いと思います。しかし、検査実施件数が多く、大腸の検査に熟練した医師が行う大腸の内視鏡検査は、ほとんど苦痛がありません。検査時間も驚くほど速く終わってしまいます。内視鏡検査は、大変怖くて痛いものだからやらないなど話す方も多いと思います。でもその方々にも、最新の内視鏡検査についてぜひ知っていただきたいです。医師の施術技術、衛生的な検査室、また検査についての説明、案内を患者にきちんとしてくれる病院で、健康が気になってきたら、是非受けていただきたい検査です。検査方法についても、痛みや怖さがある方には、鎮静剤を使ってさらに楽に内視鏡検査を受けられる病院もあります。私自身は、検査前日からの食べて良いもの悪いものなどの食事制限が守れるか心配でしたが、そのように病院にお話ししたら、検査前日の方向け食事セットも用意されていて、その食事を取ってから検査をしましたので、心なしか腸もお掃除されたようにすっきりした感じがしていました。

検査も痛みどころか、あっという間に無事終わり、なんだかびっくりしてしまいました。検査の結果はゆっくりと後から説明をしてくださり、本当に安心できましたし、迷っているくらいならもっと早くやってもらえば良かったと思ったものです。信頼できる病院、医師の元ならば、楽に安心して腸の状態を診ていただけます。特に40代、50代過ぎて健康診断は受けているけど、腸の検査はやったことないという方は非常に多いはずです。ポリープの状態で見つかる方も多いそうです。ポリープがガンになる前で発見できれば、何と有難いことでしょう。繰り返しになってしまいますが、健康診断の便検査だけでは、わからない疾患は、たくさんあります。健康について気をつけ始めた世代に是非お勧めします。

Leave a Reply

Name
Name*
Email
Email *
Website
Website

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.